タウリン

ゴマが苦手な人でも食べられるデザートレシピ

セサミンが健康に良いことは良く分かるがゴマは好きではないという人におすすめはサプリメントです。
しかしサプリメントを使っていて、さらにゴマを食することができればなおさら健康に良いと考えられます。
セサミンを摂取するためにゴマの料理とデザートのレシピを見てみましょう。

セサミンが強い抗酸化作用を持っていて、ガンをはじめとする生活習慣病の予防やアンチエイジングhttp://www.mushishi-movie.jp/anntieijinngu.htmlと美容や生理不順にも効果があることは分かったが、実はゴマが苦手だという場合、おすすめはサプリメントです。
しかしサプリメントを使うかたわらで実際にゴマを食せばなおさら効果があります。
そこでゴマが苦手の人のために抵抗感がないデザートレシピが無いかどうかを考えてみました。
なおついでにおすすめなのは、できれば青魚に含まれているEPAとDHAも合わせて摂取することです。

脇道にそれますが、EPAやDHAはαリノレン酸はオメガ3で、血液をサラサラにしますし、ビタミンEも強い抗酸化作用で若返りのビタミンと言われています。
本題に戻り、ゴマを使うおいしい料理でセサミンを吸収するレシピですが、最初に必要なのはゴマをすり潰すことです。
すりゴマはスーパーなどでも入手できますから、それを使いましょう。
ホウレン草などのおひたしにすり胡麻をかけて食べるのは抵抗感がないでしょうし、味噌汁にいれることも良いようです。
そのほかには納豆に混ぜるとか冷奴にかける方法があります。
ゴマのドレッシングは自家製でもOKで、マヨネーズとお酢とすりつぶしたゴマ、砂糖としょうゆで作れます。

さすがにデザートレシピとなると難しいのですが、アイスクリームにすったゴマをかけるというような食べ方もできそうですし、ヨーグルトに混ぜることも良いでしょう。

ゴマのにおいが苦手の人がセサミンを摂取するにはサプリメントが一番のおすすめですが、それ以外にはすりゴマをいろいろな食品と抱き合わせで利用する方法があります。
その場合ゴマを主体にするのではなく、脇役的に使うレシピを考えれば食べやすくなり抵抗感がなくなるでしょう。