タウリン

特定保健用食品(トクホ) のセサミン

セサミンはその強い抗酸化力が体内の有害物質や活性酸素を除去することで酸化を防ぐ成分があるので、ガンや生活習慣病の予防になり、さらにはアンチエイジング効果があるとされ、特定保健用食品(トクホ)に指定されています。
主にゴマに含まれている成分で、最近はサプリメントの代表格として注目されています。

セサミンは植物性エストロゲンであるゴマリグナンのなかのひとつで、体内ではホルモンの働きをします。
その働きは有害物質や活性酸素を除去する作用で、したがってその強い抗酸化力がガンや生活習慣病の予防になる、あるいはアンチエイジング作用があるとされています。
セサミンは主にゴマに含まれている成分ですから、毎日ゴマを食べればいいと思いますが、実際にはゴマが含む量は1%しかありません。
ゴマの成分の50%以上は脂質でゴマ油になるのですから、ゴマを大量に摂ることは無理で、
1日に必要とする10mgを摂るには3000粒のゴマが必要になります。
さらにゴマには硬い皮がありますからゴマから直接必要量の成分を摂るのは事実上不可能と言えます。

そこで考えられたのがゴマからこの成分を抽出する方法です、セサミンの成分をサプリメントとして、錠剤やドリンクあるいはカプセル状に加工することで、必要量が摂取できるので、特定保健用食品(トクホ)に認定されています。
市場にセサミンのサプリメントはいくつもありますが、選ぶ際にはその含有量とそれ以外のゴマリグナン成分があるかがポイントになります。
ちなみに特定保健用食品(トクホ)は消費者庁長官が保健の効果の表示を許可している食品のことです。

セサミンはゴマにわずかに含まれている植物性エストロゲンであるゴマリグナンのひとつです。
ガンや生活習慣病の予防とアンチエイジングに効果があることがよく知られており、日本では特定保健用食品(トクホ)食品として許可されていてサプリメントとして広く市販されています。